30代サラリーマンの日記

30代サラリーマンです。総合商社に勤務、3人家族。投資・資産運用、ニュース、映画、ガジェット、家族などについて、日々の感じたことを記録していきます。

区議会議員選挙について

区議会議員の選挙が非常に鬱陶しく思っております。

 

先日、妻の諸用で、会社を早退し、私が子供の面倒をみていました。大概、息子は14時頃、昼寝をするので、その日も同様に眠そうにしている中、寝かしつけようとしましたが、選挙カーが騒音をたてて、何度も通るので寝かしつけることができませんでした。

 

それではと思い、ベビーカーで散歩に出たところ、息子はベビーカーの中ですぐに寝ましたが、選挙カーがまた、現れ、起きてしまいました。

 

「小さいお子様をお連れのところ、申し訳ありません。〇〇(立候補者の名前)です!」と、ウグイス嬢がスピーカーでアナウンスしているのを聞いて、この人たちは一体何を考えているのだろう、と思いました。

 

ここまで、選挙カーが大量に押し寄せると、もはや暴走族の騒音とかわりません。勿論、立候補たちもこんなことやりたくないのかもしれません。

 

住民街を騒音をたてて走り、ただ名前を連呼して、求められていないにもかかわらず、まるでアイドルのように手を振り続け、朝は、早くから駅前に立ち続ける。多くの人にとっては不快でしかないでしょうし、立候補もつらいと思います。

 

ただ、日本の選挙活動においては、これが最も有効なのかもしれません。そもそも、区議会の政策についてなど、皆さんあまり関心ないだろうし、知ってる名前の人やなんとなく人柄が良さそう、学歴がある、などの人を選ぶなのだと思います。

 

だから、立候補が悪いのではなく、選挙権を持つ住民にも責任はあると思いますが、私は、斯様な方法で選挙を戦う人は、住民目線にたてていないと思うので、あまり、投票したくないと思いました。

 

最後にですが、選挙ポスターも、よくわからない経歴や肉親の経歴まで書いていて、疑問に思いました。わざわざ記載するのですから、たぶん、それが住民の心に響くのでしょう。

 

あと数日で終わると思うと、少し安心できます。

 

以上、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

葛西臨海水族園に行ってきました。

週末に葛西臨海水族園に、家族で行って参りました。各海(インド洋、大西洋、地中海etc)の魚が見れて、楽しかったです。

 

今回、お伝えしたいのは、小さいお子さんをお連れしているお父さん、お母さんへのアドバイスです。

 

園内には、授乳室が二つ、各トイレにオムツ替えのスペースがあり、乳児連れにも十分な設備ですが、ベビーカーを連れて園内に入るのはお勧めできません。

 

というのも、週末は、カップル、家族連れ、外国人観光客などで混雑しており、ベビーカーでの園内観覧はいささか不便に感じます。

 

ベビーカー用の順路も示されており、多少の気遣いはされてありますが、それでも不便を感じると思います。

 

ベビーカーは、園内入り口で預けられるので、預けることをお勧めします。

 

それにしても、700円で水族園を観れるのは、さすが、都立の設備だと思いました。皆さまもリーズナブルな水族園に是非、足を運んでみてください。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

資産運用状況(4月6日)

4月6日時点での資産運用状況は下記の通りとなりました。

 

銘柄名 保有数量 時価評価額(円) 評価益(円貨) 損益率 前週比
アルトリア・グループ 50 305,972.61 33,985.00 12.49% -0.44%
AT&T 200 722,893.10 77,160.00 11.94% 5.83%
エクソンモービル 50 460,830.39 71,612.00 18.39% 4.19%
武田薬品 100 449,900.00 41,130.00 10.06% -4.66%
日産 400 377,640.00 8,696.00 2.36% -1.38%
三菱商事 300 948,300.00 12,990.00 1.39% -2.89%
投資信託 - 292,712.00 12,552 4.48% 12.58%
米国債 - 559,957.00 -5,552 -0.98% 0.84%
合計   4,118,205 252,573 6.13% 0.95%
現預金比率   45.13%     0.68%

 

先週は、仕事が忙しく、資産運用に手が付けられなかったです。

現金保有比率が少々上がってしまったので、投資信託の買付を月11万円=>14万円に増やすことを決めました。

 

損益率を見て頂いてわかる通り、日本株が苦戦しております。12月の株価低迷時に一部買ったにも関わらず、1月以降に買付した米国株に運用成績が負けていることを加味すると、これから買い増しするのはやはり米国株かなぁと、思っております。配当性向も米国株の方がよいのも考慮してます。

 

それでは、何を購入しようかと考えているのですが、MO、T、XOMそれぞれ高値で推移しており、このタイミングで買い増していいものか、また、高配当のHSBCの新規買付を検討してますが、計7株式となり、すべての動きを見切れるかなぁという心配もあります。

 

ただ、金融株は持っていないですし、現金で持っていてもしょうがないので、HSBCは積極的に買付を検討したいと思います。7株式を見切れるかという不安も、日本株は、売却も買付も検討しないと思うので、実質4株を見ればよいと、自分を言い聞かせ、今週中に機を見て、買付けようとおもいます。

 

以上、読んでいただき、ありがとうございました。

渋谷 ブックファーストの閉店に思うこと

最近、渋谷のブックファーストが閉店していることを知りました。どうやら、2年ほど前に閉店していたようです。

 

駅からのアクセスも良く、非常に便利、たまに利用させてもらっていました。ただ、購入するのは、訪問したうちの、30%ぐらいだったと思います。

 

というのも、基本的には書籍は、電子書籍で購入、もしくは、アマゾン又は楽天で注文して買うからです。早く読みたいという時しか、本屋では購入しません。

 

それでも本屋に行くのは、本屋では新たな発見、新たな本との出会いがあるからです。本屋で本を探し、オンラインで購入する、つまり、実店舗をショールームとして扱っていたのです。

 

私だけでなく、斯様な行動パターンの人は多いのでしょうか?オフライン(実店舗)を運営する会社はこのような行動パターンの客層に対応しなければならないと思います。

 

その良い例が、ニトリやIKEAといった家具店であると思います。家具の特殊性(ニトリ、IKEAの家具は、ニトリ、IKEAでしか買えない)もあると思いますが、二つの家具店は、オンラインとオフラインをうまく融合させて、

 

選択 =>実店舗

購入=>ネット注文

 

という流れをうまく作っていると思います。

 

本屋もこのような流れを作らないと行けないと思います。本は著作権が企業ではなく、作者にあるので、どこで購入しても一緒ではありますが、例えば、オンラインショップを作り、ポイント還元などで消費者にメリットがあるような仕組みを作らないといけないと思います。但し、これだけでは、アマゾン、楽天と差別化できないので、来店後、一定期間内にオンラインショップで購入すればポイントが2倍なる、などの施策を取り、実店舗とオンラインショップをシンクロさせ、その中で、顧客データを取り、オンラインショップ上で、新たな書籍の提案を消費者にするのです。

 

アマゾン、楽天も新たな書籍の提案を行っていますが、提案される商品が的を射ていないこともあり、実店舗での販売データを下にした書籍の提案は、オフライン企業にもまだまだ生き残る道はあると思います。Honto(丸善、ジュンク堂、文教堂のオンラインしショップ)のように、オンラインとオフラインのシンクロを多くの本屋さんに考えて欲しいと思います。

 

本屋のような刺激のある空間が、少しでも祈るばかりです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

世界最先端のマーケティング(日経BP)を読んで

世界最先端のマーケティング〜顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略〜を読みました。

 

内容は、顧客に繋がる為のチャネルとして、オンライン、オフラインをそれぞれを混合して、繋がっていくマーケティングの手法の具体例を紹介してます。

 

また、顧客との繋がり方に関して、購入の段階だけでなく、選択・購入・使用のそれぞれに、フェーズを分割してのアプローチ方法、それぞれの段階で顧客と対話しながら「個客」として認識する必要性を説いています。選択・購入・使用までを一つの「顧客時間」として認識して、その顧客時間の中で客に価値ある体験を提供していく、ということだと理解しました。

 

そこで、なぜ、多くの企業が川下・消費者にスポットライトを当てるようになったのか考えてみると、今まで消費者はないがしろにされていたのだと思います。

 

スマホが普及する前、消費者は情報に簡単にアクセスすることができず、製造者都合で作られた商品(製造者がいいと思ったもの、製造者が売りたいもの)を買うように仕向けられていました。しかし、消費者が情報に、容易にアクセスできるようになったことで、商品が比較されるように、「マーケティング」に力を置く企業が増えてきたのだと思います。

 

今まではプロダクト・アウトの発想だけで、商品展開を進めてきた企業が多い中、それだけでは通用しなくなり、マーケット・インの発想も必要になってきているが故に、このような書籍が人気を博す結果になったのだと思います。

 

余談ではありますが、よく、マーケット・イン、プロダクト・アウトを二項対立で話すビジネスマンが多い気がしますがね、アプローチの方法の違いなので、あくまで、生産者・消費者の双方に良いものを作らないと売れないですし、長続きはしません。

 

私もマーケティングもどきをすることがありますが、本書の手法、考え方は非常に勉強となりました。

 

宜しければ、皆様もご一読いただければと思います。読んで頂き、ありがとうございました。

資産運用状況(3月23日)

3月23日の資産運用状況は、下記の通りとなりました。

 

        ドル円 109.92
銘柄名 保有数量 現在値 時価評価額(円) 前週比 前週比
アルトリア・グループ 50 55.92 307,336.32 -8,931 -2.91%
AT&T 200 31.07 683,042.88 -653 -0.10%
エクソンモービル 50 80.48 442,318.08 -4,358 -0.99%
武田薬品 100 4,719.00 471,900.00 600 0.13%
日産 400 957.30 382,920.00 7,520 1.96%
三菱商事 300 3,255.00 976,500.00 19,800 2.03%
投資信託 - - 260,010.00 8,333 3.20%
米国債 - - 555,268.00 -3,869 -0.70%
合計     4,079,295 18,442 0.45%
現預金比率     44.45%    

 

 資産構成は変わっておりません。週末にかけて、ドイツなどの景気指標が悪化して、NY株が続落、また、円高となった為、米国株の評価額は下がりました。

 

円高に振れた為、米国株の買い増しを検討していきたいと思います。

 

読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

楽天インサイトというサービス、顧客情報

楽天インサイトというサービスがあります。

 

簡単なアンケートに答えると、楽天スーパーポイントをもらえます。もらえるポイントはとても僅少(1-5ポイント)ではありますが、隙間時間に利用すれば、月150円ぐらいのお小遣いにはなります。

 

ただし、このポイントは期間限定で、用途も、楽天証券の投資信託購入は使えなかったりするので、ご注意ください。

 

このサービスは、企業が顧客情報を取ることに容易にしていると思います。楽天は非常に安価なポイントを渡すだけで、顧客データを取得し、アンケート掲載企業から手数料をもらえるのだから、とても得をしていると思いますが、誰も損をしていないので良いサービスだと思います。

 

もしかしたら、利用者はもっと高く売れる自分の顧客としての情報を安売りしており、機会損失を起こしているかもしれませんが、一般的な人は、自分自身が毀損されなければ、抵抗感を持たないと思うので、非常に考えられたサービスだと思いました。

 

他にも同様なサービスがたくさんありますし、そういったサービスが競争をする事で顧客情報の価値というものが正当に評価されるようになれば良いと思います。

 

本来、顧客情報による恩恵は顧客があるべきだと思いますが、今は、顧客情報を利用している企業が恩恵を受けているように思えます。その理由は顧客情報は単発では価値をなさないが、集合体になると価値を生むからです。顧客情報を集約できる企業、人が恩恵を受けつつ、顧客に還元されるような仕組みがこういったポイントサイトで構築されるのは良いことだと思いました。

 

読んで頂き、ありがとうございました。